トップへ » 矯正歯科治療とは » 治療の流れ

Q. 矯正の治療の流れを教えて!

Q. 矯正の治療の流れを教えて!まずは、カウンセリングです。

現在の噛み合わせの状態を診断してもらい、何が問題なのか、このままにしておくことのデメリットは何か、治療するメリットは何かを十分に把握することが大切です。

治療開始にあたってはレントゲン写真、顔と口の中の写真、模型を作るための型どり、問診などの精密検査を行います。

その後、分析結果に基づき診断を行い治療計画の説明になります。ここで、やっと治療開始になります。これら一連の流れは一見面倒くさそうですが、このステップをおろそかにすると間違った方向で治療が行われる危険があります。ですから、非常に大切なこととご理解ください。

あとは患者さんの治療計画に応じて、実際の治療に進みます。

下記では、当院で行っている治療の流れをご紹介いたします。

治療の流れ

治療の流れ●初診相談(無料)
患者さまのお悩み・ご希望をうかがい、専門的な立場からご相談させていただきます。
また、現在患者さまができうる矯正治療にはどんなものがあるのか、矯正治療のメリット・デメリット、当院の矯正治療についてもざっくばらんにお話いたします。
下へ

●精密検査
詳しい問診・診査を行った後、顔・口の中の写真とレントゲンを撮影します。
その後、口の中の模型を製作するための型とりを行います。
下へ

●診断
精密検査で得られたデータや資料をもとに、患者さまのご希望を考慮した治療計画をたて、方法・期間・費用について、患者さまと話し合いを行います。
下へ

●治療(平均1年〜1年半)
治療計画にもとづき、矯正装置を装着して治療開始です。
通院のペースは成人では2〜3週間に一度、子供の場合は4〜8週間に一度になります。
下へ

●治療後のメンテナンス(保定)
歯を動かす装置による治療が終了したあとは、後戻りを防止するための保定期間となり、定期的に健診を行います。

保定装置には様々なタイプがありますが、各患者さまに最も適した装置を選択します。
通院のペースは3か月〜6か月に一度、約2年程度が必要です。

かみあわせの安定のために、保定期間中もきちんと定期健診を受けることが大切です。保定期間も矯正治療の大事な一部だとお考えください。

関連ページリンク

矯正歯科治療とは治療の期間抜く?抜かない?治療の流れ
治療法子どもの矯正装置の違い、利点・欠点矯正中の疑問
矯正失敗治療終了後のケア費用について矯正医の選び方
噛み合わせについて矯正治療と顔のゆがみその他のQ&A用語集

質問を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 矯正歯科治療とは » 治療の流れ


文字サイズ
を変更する