トップへ » 矯正歯科治療とは » 費用について

Q.「医療費控除」って何ですか?

Q.「医療費控除」って何ですか?医療費控除とは自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

矯正治療にかかった費用は医療控除の対象になります。医療控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万以上でなければ対象となりません(申告額は200万円が限度です)。所得金額合計が200万までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

Q. 矯正には健康保険は適応できますか?

Q. 矯正には健康保険は適応できますか?唇顎口蓋裂に起因した咬合異常、顎離断等の手術を必要とする顎変形症、厚生労働省が認めた疾患に起因する咬合異常には健康保険が適応できます。それ以外はどんなに程度が激しくても、子供であっても保険適応は認められていません。

顎関節症が原因の咬合異常は保険適応だと誤解されている患者さんがいらっしゃいますが、それは間違いです。また、一度手術を前提とした顎変形症として治療を開始し、途中で手術を行わなかった場合は、保険適応分を患者さんが返納しなければなりません。そうしないと歯科医院が不正請求として処罰されてしまいます。

治療費用の目安についてお答えします

治療費用の目安についてお答えします歯科矯正は、各医院によって自由に料金を設定することができます。歯科矯正の治療費用は「ピンからキリまで」といえるでしょう。ここでは、ご参考までに当院の治療体系について触れておきます。

一般的に矯正治療の料金体系には、大きく分けて2種類の方法があります。

ひとつめは、通院ごとに治療費を支払う方法です。これは最初の費用が安い分、万が一、治療期間が長くなった場合、治療費がふくらんでしまうといったデメリットもあります。ふたつめは、通院回数にかかわらず一連の矯正治療費を最初に支払う方法です。

当院では、患者さまにご予算を気にすることなく治療を受けていただくために、トータルフィーで料金を提示しています。

また、多くの医院では矯正装置によって費用が異なります。しかし、当院ではすべての装置を同一料金にて提供させていただきます。費用を気にすることなくあなたのご要望にあった治療ができるよう、心がけております。

関連ページリンク

矯正歯科治療とは治療の期間抜く?抜かない?治療の流れ
治療法子どもの矯正装置の違い、利点・欠点矯正中の疑問
矯正失敗治療終了後のケア費用について矯正医の選び方
噛み合わせについて矯正治療と顔のゆがみその他のQ&A用語集

質問を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 矯正歯科治療とは » 費用について


文字サイズ
を変更する