トップへ » 矯正歯科治療とは » 用語集

インプラント矯正

綱引きの時には必ず相手が必要なように、動かしたい歯に力をかけて引っ張ったり押したりするときにも相手が必要です。

従来は、その相手となるのは、他の歯であったり、取り外し式の顎外装置(ヘッドギアなど)でした。その場合、動いて欲しくない歯が動いてしまったり、顎外装置なら使用してくれないと効果が出ないなどの問題がありました。

その問題を解決する方法として、歯茎の骨に小さいネジやプレートを打つことで、患者さんの協力を必要とせずに効果的に動かしたい歯に力をかける方法がインプラント矯正です。打つのも簡単で、必要がなくなれば外してしまうもので傷跡も残りません。

非常に効果が高く、今までなら困難であったことにも対応できるようになりました。

永久歯列期

乳歯が抜けて永久歯がはえそろった状態のことです。

顎関節症

口が大きく開かない、耳の前付近が痛いなど顎の関節の病気の総称です。

音がするだけの場合は顎関節症とは言えない場合も多いですが、素人判断は危険なので気になる場合は歯科で診てもらった方が良いでしょう。

ただし、歯科医なら誰でも診断と治療が出来るわけではないので、明らかな症状がある場合は大学病院に行くことをお勧めします。

過剰歯

28本の永久歯と4本親知らず以外に、余分に出来てしまった歯を過剰歯と言います。多くは骨の中に埋もれていることが多く、周囲の歯並びに悪影響を与えてしまうこともあります。

混合歯列期

乳歯と永久歯が混在している状態のことです。一般的に小学生の時期にあたります。

デーモンシステム

ブラケットとワイヤーの摩擦を減らし、歯をより効率よく動かそうと設計されたブラケットを用いた治療を指します。セルフライゲーションブラケットといわれる種類に属します。

歯の動きが早い、痛みが少ない、あごの骨が横にひろがるなどと言われますが、科学的な裏付けに乏しい面もあります。

新しい装置であることは確かですが、デーモンを使ったから全てのかみあわせが良く治るということは全くありません。

乳歯列期

まだ永久歯がはえておらず、乳歯のみの状態のことです。

不正咬合

歯並びが悪いということを総じて不正咬合と言います。アングル分類と呼ばれているかみ合わせの基準だけでは表現できないかみあわせも多く何をもって不正咬合と呼ぶかの基準は難しいのですが、

ブラケット

ワイヤーの力を歯に伝える役目をする装置で、矯正治療では最も大事な装置と言えます。
材質によりステンレス、チタン、プラスチック、セラミック、サファイアなどがあり、大きさや形状も様々なものがあります。

デーモンシステムというのもブラケットの種類のひとつに過ぎません。

リテーナー

ブラケットによる治療が終わった後、後戻りを防止する装置のことです。

リラップス

矯正治療後の後戻りのことです。

リンガルシステム

裏側からの矯正治療のことです。

症状別 治療方法

Q.叢生
Q.上顎前突
Q.下顎前突
Q.正中離開
Q.開咬
Q.過蓋咬合

関連ページリンク

矯正歯科治療とは治療の期間抜く?抜かない?治療の流れ
治療法子どもの矯正装置の違い、利点・欠点矯正中の疑問
矯正失敗治療終了後のケア費用について矯正医の選び方
噛み合わせについて矯正治療と顔のゆがみその他のQ&A用語集

質問を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら


トップへ » 矯正歯科治療とは » 用語集


文字サイズ
を変更する