トップへ » 矯正歯科治療とは » 抜く?抜かない? » 矯正治療で歯を抜く治療法を選択する理由

矯正治療で歯を抜く治療法を選択する理由

最近、矯正治療方法において非抜歯治療こそ最善の治療法であるということが一部で提唱されています。逆に抜歯を行うことが古く、悪い治療法であるかにように誤解している患者さんが増えてきたことは困ったことです。必要もないのに抜歯治療を行う矯正医はいません。きちんと非抜歯治療の限界を理解しているからこそ、あえて必要があれば抜歯を提案しているのです。

イメージ:奥歯を後ろに動かす方法<奥歯を後ろに動かす方法>
非抜歯治療で言われていることですが、奥歯を親知らず(第3大臼歯)の位置に動かすことでスペースを確保するので、通常対象になる第1または第2小臼歯の抜歯は必要ないという説明です。
右図をよく見て考えてください。何か気がつくことはありませんか?

あごが小さくて親知らずがはえる場所がないのに、そこに奥歯を動かしたらその歯は一体どうなりますか?きちんとかみ合わせに参加できない位置に歯を動かすことになりませんか?小臼歯を抜かないかわりに奥歯が機能しなくなっては意味がありません。
奥歯を後ろに動かす治療方法は、親知らずが普通にはえている場合、あるいは半分程度頭を出している場合には可能な場合があるというに過ぎません。すべての場合に有効ではないのです。


<あごを横に広げる方法>
もうひとつ、あごを横にひろげることもひとつの方法です。横にひろがればスペースができるので抜歯は必要ないという説明です。
今度も下図をよく見て考えてください。あごの断面図です。何か気がつくことはありませんか?
小臼歯は前後的には動きそうです。でも、横にそんなに動くのでしょうか?内側に傾いている歯を起こすことはできますが、平行移動には限界があります。限界を超えると歯根が歯を支えている骨(歯槽骨)を突き破ってしまいます。成人の場合、歯の傾斜を変えることはできても、平行に横に動かす量には限界があるのです。

限界ギリギリまで非抜歯治療ができないかを考え、それでも無理だと矯正専門の歯科医が判断する場合はきちんと理由があります。何事も無理をすればどこかにひずみが出てくるものです。


トップへ » 矯正歯科治療とは » 抜く?抜かない? » 矯正治療で歯を抜く治療法を選択する理由


文字サイズ
を変更する