トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 歯並びがデコボコ (叢生/そうせい)

歯並びがデコボコ (叢生/そうせい)

歯並びがデコボコ(叢生/そうせい)歯並びのでこぼこを指します。
八重歯も叢生に分類されます。

原因は歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪く、全ての永久歯がはえるスペースが足りないという状態が多いと思います。乳歯の時に虫歯が多かったことも一つの原因になります。

小学生の頃に治療を開始できれば、あごを横に広げたり奥歯を後方に動かしたりと、将来抜歯をしないで治療できる可能性が広がります。
成人の場合は土台を大きく変化させることは難しいので、抜歯の可能性が高くなります。

しかし、かみあわせの状態は千差万別ですので、矯正専門医の判断が必要になります。


 


トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 歯並びがデコボコ (叢生/そうせい)


文字サイズ
を変更する