トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 受け口 (反対咬合、下顎前突/はんたいこうごう、かがくぜんとつ)

受け口 (反対咬合、下顎前突/はんたいこうごう、かがくぜんとつ)

受け口 (反対咬合、下顎前突/はんたいこうごう、かがくぜんとつ)下の前歯が上の前歯よりも前に出ている状態で受け口を指します。

原因は、下あごが大きい、上あごが小さい、その混合であることが多いです。前歯の角度は上の前歯が前に傾いていて、下の前歯が内に傾いていることが特徴です。

一般的に下あごの親知らずは抜歯になることが多いです。側方歯の抜歯が必要な場合もあります。顎間ゴムの使用は非常に重要になるでしょう。

治療開始時期は、3歳児検診の頃に前歯が逆になっていればムーシールドの使用が良いでしょう。次は小学校の1~2年生頃が目安になります。

いたずらに様子をみていても良くなることはないのが下顎前突(受け口)の特徴ですので気になれば早めに矯正専門医に相談されることが大切です。

 


トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 受け口 (反対咬合、下顎前突/はんたいこうごう、かがくぜんとつ)


文字サイズ
を変更する