トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » すきっ歯 (正中離開/せいちゅうりかい)

すきっ歯 (正中離開/せいちゅうりかい)

すきっ歯 (正中離開/せいちゅうりかい)文字通り真ん中に隙間があることです。

原因は正中に上唇小帯という筋(すじ)が強く入り込んでいる、歯そのものが小さい、前歯のでこぼこ(叢生)などが考えられます。

上唇小帯に関して歯科医に指摘された場合は、時期を見て早めに切っておいた方が良いでしょう。口腔外科で処置を行います。通常の外来で行う小手術ですので入院などは不要です。

歯が小さい場合やでこぼこが原因の場合は正中離開のみを治療するというよりも、通常の矯正治療の対象と考えたほうが良いでしょう。

かみ合わせが問題なく正中離開のみが問題の場合もありますので矯正専門医に診てもらうことが大切です。

 


トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » すきっ歯 (正中離開/せいちゅうりかい)


文字サイズ
を変更する