トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 歯が噛み合わない (開咬/かいこう)

歯が噛み合わない (開咬/かいこう)

歯が噛み合わない (開咬/かいこう)上下の歯が接触していないかみ合わせのことです。特に上下の前歯が接触していない場合が多いです。

開咬の原因は唾液を飲み込むときに下を前に突き出すくせ、鼻炎で口呼吸をしている、舌が大きい、下あごの形や成長方向など様々です。しかも、一度開咬の状態になると悪循環で、さらに悪化してしまうこともあります。

奥歯でしか物が咬めないので食べ物を丸のみするか、食事に時間がかかる人も多いです。奥歯にのみ強い負荷がかかることから、奥歯に虫歯の治療をしている場合を多く見かけます。後戻りも起こりやすいかみ合わせです。

単純に開咬のみではなく叢生、上顎前突、下顎前突と組み合わさっている場合は治療が非常に難しくなります。抜歯を行う場合も多く、最近では矯正用インプラントを使用することで治療方法の幅が広がりました。経験のある矯正専門医でないと治療は困難なかみ合わせの一つです。

 


トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » 歯が噛み合わない (開咬/かいこう)


文字サイズ
を変更する