トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » その他の症状 (過蓋咬合)

その他の症状 (過蓋咬合)

その他の症状 (過蓋咬合)咬んだとき下の前歯が隠れてしまうほど、上の前歯が覆いかぶさるかみあわせを指します。

原因は下あごが小さい、下あごの横の部分の歯が内側に傾いている、上の前歯の角度が内向きに傾いており、下あごが後方に押し込められているなどが考えられます。

下の前歯が上あごの歯茎を咬みこんでいることがよく見られ、前歯で物がかみにくい場合があります。


トップへ » 矯正歯科治療とは » 矯正症例 » その他の症状 (過蓋咬合)


文字サイズ
を変更する