トップへ » 矯正歯科治療とは » 装置の違い、利点・欠点 » Q. マウスピース矯正ってどうなの?

Q. マウスピース矯正ってどうなの?

Q. マウスピース矯正ってどうなの?マウスピース矯正には、おもに「インビザライン」と「クリアライナー」という矯正装置があります。

「インビザライン」は、これは透明なプラスチックの装置を順次替えていくことで0.25ミリずつ歯を動かす矯正装置です。最大のメリットはブラケット(皆さんお馴染のワイヤーのついた装置)を歯に付ける必要がないことにつきます。治療していることが他人に気づかれることはほぼないでしょう。

インビザラインは、取り外しが可能ということをメリットだと説明している先生もいますが、1日20時間以上の装着が必要な装置なので取り外しが可能だとは言っても、食事と歯みがき以外はほぼ常時装着の必要があります。これはメリットだとは思えません。

デメリットはかみあわせの程度によっては部分的にワイヤーを用いたり、ゴムをかけたりする必要があります。装置のつけ替え時期は決められており、予定された治療期間よりも長くなることはあっても早く終わることはありません。

また、でこぼこの程度によっては装着当初は痛いこともあり、けっして無痛ではありません。万能の装置ではないことを十分に理解して始める必要があります。

クリアアライナーは透明なプラスチックの装置であることは同じなのですが、使用できるのは、治療後の後戻りや軽度の場合に限られます。その点、治療費は抑えられていると思います。


トップへ » 矯正歯科治療とは » 装置の違い、利点・欠点 » Q. マウスピース矯正ってどうなの?


文字サイズ
を変更する